ヒトコマコウサツ

マンガやアニメの一コマ、そして歴史の人物、話題の人物からナニカを考えるブログです。記事を読んで楽しむのはOKですが、無断転載等は一切禁止しております。

スポンサーリンク

OUT~妻たちの犯罪~に出てくるヨシエって姻族関係終了届(死後離婚)を提出したら犯罪に巻き込まれなかったんじゃない?と思う件

OUT~妻たちの犯罪~という昔放送されていたドラマはご存じでしょうか?

ドラマに登場していたヨシエ(渡辺えりさんが演じてましたね)がほんとに強烈な印象で今も残っています。

 

渡辺さんの演技が、ヨシエを取り巻く過酷な環境を上手に演じてくれるおかげで、姑の介護など今になって深く考えることができました。

 

↓ちなみにOUTの概要です!

深夜の弁当工場でパート勤務をしている主婦、雅子は、ろくに会話もない冷え切った家庭に嫌気がさしていた。仲のよいパート仲間たちも、それぞれの家庭に問題を抱えており、彼女たちや、とあることで知り合った女刑事、則子との他愛もないおしゃべりだけが楽しみの毎日を送っている。

ある日雅子は、パート仲間の弥生から、ギャンブルに狂い、暴力を繰り返す夫を殺してしまったと相談を受け、同じくパート仲間のヨシエ、邦子と共に死体を解体し、遺棄したことから、凶悪犯罪に巻き込まれていく。

 

なかなかハードなドラマでしたね!

エンディングの福山雅治さんに癒されたのは言うまでもありません


www.youtube.com

 

貧困と姑の介護に追われていたヨシエは「姻族関係終了届」を提出することで、「ヨシエ~」と床から叫ぶ姑との関係を終了させ、高校生の娘さんと二人で平和に暮らせたのではないかと思います。

 

OUTが小説として発行されたのが1997年。日本が非常に不景気の時代です。

1997年前後に「姻族関係終了届」という存在を知っているのは、役所に勤めている人間でないと知らない存在だったのではないかという画期的な「死後離婚」の手段です。

姻族関係終了届は、姻族に黙って提出可能という画期的な「死後離婚」を実現できます。

夫婦の一方が亡くなった場合、生存配偶者が死亡した配偶者の血族との姻族関係を終了させる届出です。 ※配偶者が亡くなっても、配偶者の血族との姻族関係は継続するため、姻族関係の終了を希望する場合は届出が必要です。 ※姻族関係終了届では、氏や戸籍の変動はありません。 婚姻前の氏に戻すには、復氏届の届出が必要になります。

※大阪市のHPより引用

 

 

ヨシエの場合は、夫の死後、生活保護を受けながら、寝たきりの姑を死んだ夫のメンツにかけて面倒を見ているわけですが、この過酷な介護のせいで生活がどんどん圧迫していくわけです。(高校生の娘さんに短大の資金も捻出できないほどのド貧困)

ドラマ内で「ヨシエ宅」の描写が出てくるたびに、最底辺の貧困ってこのような身も心も裂かれる生活なのかと学生ながらにつらく感じました。

 

でも大人になってから振り返ると「姻族関係終了届」を提出することで、姑と貧困から逃れることができたはずです。

しかし、時代背景は1997年前後。

この当時は、介護や育児においては福祉の手を借りるというよりも「家族内で何とかしてという自助」が求められる時代でした。

まぁ世間からは「お姑さんの介護をしてフツーに偉いわね」と当たり前に言われる時代だったのかもしれません。

介護サービスを受けたくとも介護保険制度は2000年からスタートしたので、ほぼ自費で介護サービスを受けることしかできない=貧乏人は自宅でしか介護ができない時代でした。

 

ヨシエ宅は一応生活保護は受けています。しかし、それ以上の公的援助を遠慮してなのか、または周囲の目を察知して「助けて!」とは言えなかったのかわかりません。

 

姻族関係終了届においても1997年時点では1700件程度、2018年で4000件以上です。ヨシエの時代背景である1997年で見ると非常に少ないのが分かります。

本当に死後離婚は「知る人ぞ知る制度」ですね。

 

しかし、1つ言えるのは「姻族関係終了届」の力で姑の介護から解放され(姑は民生委員に任せて生活保護を受けグループホームで介護を受けるという選択もありだと思う)、深夜の弁当工場での勤務をすっぱりとやめ、パート仲間との関係を清算することで少なくとも「殺人」から遠ざけることは十分にできたはずです。

でもこの仮説は、福祉充実と婚姻終了届という知識と行動、「姑を潔く見捨てる」という判断でできる行為ですよね。

 

この件においてはヨシエだけの問題ではなく、お姑さんと同居しているお嫁さん、または同居はしていないけれども将来姑の世話をしなければいけないお嫁さんに降りかかってくる問題だと思います。

正直、姑の介護は介護施設に入居していただきたいです。そのお金がなければ「私たち家族が責任をもって面倒を診る」という選択はあり得ない、お金がないのなら生活保護を受けて民生委員さんを頼って「ご自分で何とかしてください」ということです。

冷たいといわれるかもしれないですが、自分の人生を姑の介護で犠牲にはしたくありません。だから夫と死別をした際は速やかに姻族関係終了届を出し、姑との関係を清算させたいところです。

本当にお嫁さんだから「姑舅」の最後を見る義務というのはありません。

ご自分の人生です。赤の他人のために身を粉にせず、自分のために生き抜いてほしいです。

OUTのヨシエを見ていると全てのお嫁さんに伝えないといけない!と感じた記事です。


      ドラマ:OUT~妻たちの犯罪~を見るなら31日間無料のU-NEXTで!!

          

 

スポンサーリンク