ヒトコマコウサツ

マンガやアニメの一コマ、そして歴史の人物、話題の人物からナニカを考えるブログです。記事を読んで楽しむのはOKですが、無断転載等は一切禁止しております。

スポンサーリンク

羽生結弦選手物語は最終回ではなく第二幕の始まり始まり

皆さん、ご存じだと思いますが、日本が誇るフィギュアスケート選手「羽生結弦」選手が「引退」ではなく、「プロとして」フィギュアスケートを極めていくことになりました。引退と書いた日経新聞の一面よ・・訂正しなさい

本日の日経より




簡単に言えば、グランプリシリーズや五輪には出場しないよという話です。

引退という言葉を使わないのが凄く彼らしいと言いますか、競技から離れたとしても「4A」の追求は続けることなど、本当にうまく言えないですがスケートに対して誠実な方だなと・・

いつか「その時がやってくる」とわかっていても「いざ」となれば様々な気持ちは交差されますが、「お疲れさまでした」「ありがとうございます」という気持ちです。

 

フィギュアが大好きな私は、本田武史を知り、高橋大輔に魅了され、羽生結弦という100年に一度出てくるかどうかのすさまじい選手と出会い、とんでもないドラマをずっと見せてくれました。

 

 

ソチ五輪のあどけないとびっきりの笑顔で金メダルを持っていた姿をみた時に、「このこが次、大ちゃんの後を継ぐんだろうな」とぼんやりと考えていたら、

あれよこれよとスター選手に上り詰め、競技を見ているけれども「芸術作品」を楽しまさせていただいている気持ちになりました。

完璧主義であろう羽生選手は、完璧なジャンプ演技を追及し、ケガにも悩まされるシーズンもありましたね。

平昌直前のシーズンは本当に大丈夫かなと心配になり、五輪ではもう祈るように本番ぶっつけの演技に見守るように金メダルをつかみ取る所を目の当たりにしたときは、本当に良かったね・・良かったねと安堵しました。

後に最大のライバルとなるネイサン・チェンとの点数差、負けは死を意味する発言、コロナ禍による影響(これはすべての選手に当てはまる)など、相当追い詰められているな‥と思いました。

北京五輪では初の4Aを披露してくれ、ISUも認定してくれたことは嬉しかったし、メダルは獲得できなかったけれども、それ以上に素晴らしいドラマを魅せてくれました。

結果、北京五輪では羽生君の後を継ぐ新しいスターも生まれてきていますしね(鍵山君だよっ大注目です!本当に強くてかわいい!もちろん宇野選手もすごい選手です!彼は息が長い選手になりそうな予感がします)

 

とにかくありがとうございます!の一言しかありません。

競技生活においては最終回かもしれませんが、プロになった羽生結弦選手というドラマ第二幕があります。

本音言えば、今朝も「彼がいない競技は寂しいなぁ」と思うところもありましたが、点数や審査に振り回されることなく4Aを成功させて、アイスショーで美しいお姿を拝見できるじゃないかと気持ちがマタハリのようになっているのは確かです。

 

最初も言いましたが、「お疲れさまでした」「ありがとうございました」の気持ちのほうが大きいですよ!

 

この一見に関しては、文章制限をしないといけないほど書き続けてしまいそうです。


www.youtube.com


www.youtube.com