ヒトコマコウサツ

マンガやアニメの一コマ、そして歴史の人物、話題の人物からナニカを考えるブログです。記事を読んで楽しむのはOKですが、無断転載等は一切禁止しております。

スポンサーリンク

カムカムエブリバディ「旦那は愛せるけど、婚家は愛せない・・・」

非情にイマサラ感満載ですが・・・

えっと私、カムカムエブリバディの最終週3話だけみて見事にはまってしまい。

先日から「土曜日に放送されるまとめ放送」を1週目から7週までだったかな?短時間でまとめてみました

(本来ならすべて丁寧に見たいですが、時間のない主婦なのでご勘弁!しかしまぁここまでわかりやすく編集されていると、週一かつ15分でまとめてくれると主婦としては有難い!)

 

安子編をみまして、素晴らしすぎる初恋の描写や結婚前に姑からの嫌がらせ、戦争の悲惨さ、夫の戦死、雉真家から逃走からの腕骨折、出戻り?からの兄開業資金持ち逃げからのるいちゃんのI hate you・・そしてロバートと渡米・・

ここには書ききれないほどの安子に対する試練がきつすぎてみていて辛すぎましたし、るいを置いて渡米するのはどうかと思いましたが、短期間の間に災難が雨のように降り注ぐと木漏れ日のように温かいロバートがそっとやってくると、そらそっちにいくわなと・・

雉真家には縛られたくはない、るいからも見放された、たちばな復活も絶望‥全てを失った安子はロバートと渡米・・うん。理解できますよ。

 

 

夫と話していましたが、夫的には安子は勇と結婚したほうがいい!と強く推していましたね・・

私はどちらかと言えば安子ちゃんの考えに非常に共感?もうこれ以上婚家には縛られたくはない!と!墓場まで私を縛るんかい!と!

 

正直、夫である稔さんは無茶苦茶愛していますよね?安子ちゃんは?

でも雉真家の世話にはなりたくない姿勢がすごくあります。これ無茶共感できるんですよ。

私自身、夫は愛せても「夫の家族・それらを取り巻くもの」までは愛せないです。

何かあっても自分は婚家にお世話されたくはない、貸し借りを作りたくはない。

そうゆう感情なんですよね?ちょっと難しいかな?そこまで世話になりたくはない。

 

夫とは家族だけれども、婚家とは名字は一緒でも家族ではない・・どこか赤の他人感をお互いに醸し出している・・だから嫁いびりとかあるんですよ。

 

それに安子ちゃんの場合は、結婚前から姑にいじめられたりしているので、余計雉真家に対しては負の感情があるのでは?と思ったりします。

 

 

安子の場合はるいちゃんの額の傷の治療費もあり、懸命に橘の味であったおはぎを頑張って売ったりと自立しているところが凄く共感!雉真家を頼らない姿勢が偉い!

で・・雉真家は、るいちゃんをつなぎとめようと高そうな私立小学校に勝手に入学させる、さらには勇と再婚させるとか・・るいと安子のことを思ってではなく雉真家のためでしょ?と思いましたね。(結局、るいちゃんも出ていきますしねぇ)

 

旦那さん曰く「昔は長男が戦死したら、次男と結婚させられるってよくあったみたいやで」といいますが、絶対に無理ですねw 無理・・無理だわ・・というか気持ちが悪いです。おえー!!

生活のため、子供のためとはいえ弟と結婚というのは生理的に無理すぎる・・

これはもう婚家を愛していない状態ですよ・・

夫を愛せても婚家の全てを愛せない・・まさにコレ!