ヒトコマコウサツ

マンガやアニメの一コマ、そして歴史の人物、話題の人物からナニカを考えるブログです。記事を読んで楽しむのはOKですが、無断転載等は一切禁止しております。

スポンサーリンク

子供が巻き込まれる悲しい事件が多すぎる・・・

ご存じかもしれないですが、兵庫県で小学生男児2人が伯父による放火によって死亡・・愛知県の中学校で中3男子が同級生を刺殺という男の子を持つ母親としては目を開けられない事件が勃発している。

伯父による放火事件においては、家庭の事情もあるが、同居の伯父が危険だとわかった時点で転居したら二人の息子さんの命は守られたのでは・・とタラレバを言ったところで命が返ってこないのが非常に残念過ぎます。

多くの殺人事件を見ても、実を言えば家族間・親族間殺人が割と多いと言われています。家族だから親族だからわかってくれると思ったのまたは、もう何が何でも許せないという気持ちから犯行に向かうのかもしれない・・

とにかく将来がある二人の小さな子供が放火によってあの世へ行ってしまうのは親の立場から言えば身を引きさがれる気持ちである。

 

そして中学生の殺人事件だが、こちらに関しては加害者及び被害者との微妙な関係性、とらえ方1つによって最悪な結末を招いてしまったのだろう・・

正直、私も中3の頃、憎いほど嫌いなクラスメートがいた。言い方が偉そうやし、やたらと私にドラマの予約をお願いしたり、平気で物は盗み、人の悪口を言う、そして彼女が気に入らないときは無視とか、揚げればきりがないが、彼女を殺したところで私は即逮捕され少年院へ送られ、両親は仕事と住む場所を失い、私達一家は再起不能になることくらい中3の時点で簡単に想像ができたので、卒業するまで我慢をし、高校入学後から卒業そして今に至るまで彼女とは距離を置いていた。

だがこの加害者はもうそれを通り越して、我慢ができなかったのだろう・・はた目からすれば生徒会の選挙演説を手伝うくらい、偉そうな口調くらい聞き流せばと思われるかもしれないけれども、当人にとってはもう限界に達していたんだろう・・・もっと先生を始めとする大人に愚痴ればよかったのにと思う・・君は悪くないと優しく言いたいところだけれども、殺人は何が何でも絶対にダメだ・・君は人生を棒に振るうのか・・と伝えたい・・後悔が大きく残る・・もっと冷静になりなさいと言いたくなるがもうタラレバだ・・どんな言葉を残せばいいのかわからない・・

連日の報道をみるのもいやになるくらい子供が犠牲になっている・・加害者・被害者にもなってほしくない・・親としてはどのようにすればいいのだろう・・葛藤が続く・・

ヤバイ!と思うやつがいたら大人にすぐ相談して、すぐ逃げる体制をとるように教え込まないと被害者もしくは加害者になってしまう・・・